哺乳瓶を消毒しないとどうなる?3つの消毒方法を紹介!

母乳にするかミルクにするかは、生活リズムや、赤ちゃんの状態によっても変わります。

しかし出産準備の1つとして、哺乳瓶を準備するということもあるでしょう。

となると、同時に必要になるのは哺乳瓶消毒に伴うアレコレ。

消毒方法も幾つかあるので、最も自分に負担がない方法を選択すると良いですよ。

哺乳瓶消毒の必要性と消毒方法を紹介します。

哺乳瓶消毒が必要な理由、しないとどうなる?

哺乳瓶消毒をしないと食中毒、口内炎といった様々な病気の原因を作ってしまいます。

聞いた事があるかもしれませんが、生まれたての赤ちゃんにはお母さんからの免疫があるので、ある程度の期間なら抵抗力があります。

しかし、この免疫は時間と共に失われていくので、哺乳瓶に付着する雑菌や病原菌から身を守ることができなくなるのです。

よって、赤ちゃんを様々な病気から守るためには哺乳瓶消毒が必要ということになるのです。

消毒方法は3種類

哺乳瓶に洗剤をつけてブラシで洗浄する過程まではどの方法も同じです。

その後いずれかの方法を選択して消毒を行うわけですが、上記したように自分の負担にならない方法がベストな方法です。

ミルクのみの育児だと、3時間置きとしても1日8回も消毒が必要になります。

これを毎日というのは、産後のお母さんには大変な労力になるからです。

煮沸消毒

お湯を鍋一杯に沸かして哺乳瓶を消毒する方法です。

哺乳瓶は約7分、その他のキャップや乳首といったパーツは約3分が煮沸時間の目安になります。

その後消毒した哺乳瓶は、清潔な布やキッチンペーパーの上で乾燥させます。

鍋と水があれば消毒が可能なので、どの家庭でもできる昔ながらの方法です。

ただし、哺乳瓶の消毒は夜中に必要になることもあるので、消毒の度に煮たてるというのは効率的ではないかもしれません。

レンジ殺菌

哺乳瓶専用のレンジ殺菌ケースが販売されているので、哺乳瓶を入れ商品の指示通りの時間をレンジでチンする方法です。

こちらは頻繁に哺乳瓶を使用する環境なら非常に便利です。

しかし免疫が落ちていたタイミングなのか、レンジの使用が甘かったのか、我が家の子どもはこの方法で過去に口内炎を患ったケースがあります。

非常に便利だったのですが、病院受診した際にはつけ置き消毒を推奨されました。

つけ置き消毒

哺乳瓶用の消毒液が売っているので、それを水で薄めて哺乳瓶やパーツを浸して消毒する方法です。

ガスや電気も必要ないので手軽で経済的ですが、つけ置き時間が長い、ニオイが気になるというデメリットがあります。

しかし子ども病院でもとられていた消毒方法なので、私自身は最も安全性の高い消毒方法なのではないかと思っています。

出先での哺乳瓶消毒は皆どうしてる?

子どもが小さいうちは外出もままならないことが多いでしょう。

しかし定期健診や帰省など、避けることができない状況下に立たされることもあります。

子どもの抱っこを考えるとなるべく荷物は小さくしたい。

でも哺乳瓶の消毒はしないわけにはいかない。

そんなママに便利な方法を集めました。

  • つけ置き消毒をジップロックで実践する。(水の量を計測する時にはペットボトルを使用すると便利です。)
  • 電子レンジ除菌バッグを利用する。(家庭で使用するタイプはプラスチックケースがほとんどですが、袋タイプが販売されています。)
  • 使い捨て哺乳瓶を利用する。(哺乳瓶そのものが使い捨てのものと、哺乳瓶に使い捨てパックを入れるタイプとあります。)

まとめ

哺乳瓶消毒は食中毒、口内炎予防に確実に行うようにしましょう。

煮沸消毒、レンジ殺菌、つけ置き消毒の3種類のうち、自分が負担なく行える方法を探しましょう。

出先でも衛生的に使える色々なグッズが販売されています。

できる限り「頑張り過ぎない」をモットーに授乳期間を乗り越えましょうね。

双子の妊娠〜保活はいつから?抑えておきたい4つのポイント〜

赤ちゃんが授かって嬉しい気持ちも束の間、双子となると妊娠中から忙しくなりますよね。

双子ママあるあるです。

あれやこれやと動きたい気持ちとは裏腹、双子の妊娠は「安定期はないと思え」と私自身が主治医から口酸っぱく言われていました。

それでも仕事を辞めるつもりがないのなら、早いうちから双子の保活情報は仕入れておくことが得策です。

双子独特の保活術を4つのポイントに分けて解説します。

いつから始める?双子の保活

1人の保活でも苦労する地域がある昨今、情報収集は保活の鍵になると言えるでしょう。

仕事が再開すれば、双子が家にいる朝晩がグッと忙しくなります。

できるだけ同じ園に、そして家や職場が近く、双子が楽しみに行ける園をみつける必要があります。

妊娠安定期に入ったら保活スタート

妊娠安定期に入ったら、保活をスタートさせましょう。

医師から安静の指示や投薬を受けている場合には絶対に無理は禁物です。

そして安定期のない双子妊娠は、「できる時にできる事をしておく」というスタイルがベストです。

なぜならいつ管理入院の指示が出るか分からないからです。

園に問い合わせをしてみて、見学できるような環境なら是非できる時にしておきましょう。

保育園以外の預け先があれば安心

保育園以外の預け先も検討しておきましょう。

無事に入園できたとしても、始めはしょっちゅう何かしらの病気をもらってきます。

ましてや双子だと順を追って患うケースが多いので、仕事を休むことも多くなります。

病後児保育を設けている園であれば良いのですが、あくまでも「病後児」なので、熱がある時は断られることが多いです。

よってベビーシッターや地域のファミリーサポートなどを調べてみましょう。

ベビーシッターは高くつきますが、ファミリーサポートは利用した経験上、私の住まいでは500円/1時間でした。

支援員さんには市から+αの補助が出るそうです。

どうしても両親を頼りたくなりますが、双子の病気リレーは長引きます。

両親の生活もあるので、負担にならないように考えましょう。

双子だと入園しやすい?

双子で入園し易いか否かというと、ママの働き方や環境、市町村によって異なります。

可能であればお住まいの市町村に問い合わせをしておくとよいでしょう。

多くの市町村ではポイント制度といって、加点が高い人から優先的に保育園に入園できる体制を取っています。

ママがフルタイムで働いている場合には加点対象となりますし、市町村によっては双子も加点対象となります。

減点対象となるのは若い祖父母と同居しているときです。

保育してくれる人がいるから、ということなのでしょう。

入園時に用意しておいた方がいい回答

入園させるときに用意しておいた方がいい回答は次の通りです。

  • 2人とも同じ保育園が良いのか。
  • 1人ずつなら入園できる場合はどうするか。

我が家の双子の場合は、1人が病弱だったので健康な1人を先に入園させておきました。

その間、もう一人は保育園で開催している子育て支援に通わせ情報を仕入れます。

後から入園した当人も、雰囲気や先生の顔が分かっているので入園させてからはスムーズでした。

また通わせていた園は、兄弟姉妹が先に通っていると優先的に入園を考えてくれたので、そのような対策を実施している園を探すのもよいでしょう。

双子の保育料問題

これもお住まいの市町村、認可無認可によって異なります。

双子でも兄弟姉妹と同じ扱いになるところ、2人以降は無料となるところ、割引になるところなど様々です。

認可保育園の方が割引や無料といった対策をとっているところが多いので、まずは認可保育園から調べてみることをおすすめします。

私の住まいでは、認可保育園は双子でも兄弟姉妹でも同じ扱いで2人目以降は半額というシステムでした。

一番高い時期でも5~6万円だったのでは、と記憶しています。

一方で知り合いの双子が無認可保育園に入園した際には2人で10万円以上ということだったので、通勤ルートと合わせて比較検討する必要があります。

まとめ

双子の妊娠に安定期はありません。

とはいっても、出産した後では見学が難しい環境になるので体調が許すのであれば、妊娠中に検討することをおすすめします。

双子だと優先的に入園できるか、保育料はどうなるのかは市町村、認可無認可で異なります。

通勤ルートも合わせて比較検討するとよいでしょう。

何より双子が最優先。

忙しさに急かされて体調管理を疎かにしては本末転倒です。

楽しむ程度の気持ちで保活も頭に入れておきましょう。

NIPT認可と無認可の違いとは?どちらを選べばいい?

NIPT検査を知っていますか?

NIPT検査は正式には、無侵襲的出生前遺伝学的検査と呼ばれ、死産、流産のリスクのない検査です。

NIPT検査は以前より身近になっていて、安心の意味でも受けてみたい、と思う妊婦さんも多くいることでしょう。

しかし、現状では認可、無認可の施設が混雑しています。

違いを知ることで、より自分の希望に近いNIPT検査を受けられれば、前向きな妊娠生活が送れます。

ここでは、NIPT検査施設の認可、無認可の違い、認可施設の条件、無認可施設で陽性反応だった場合に分けて解説します。

NIPT認可と無認可の比較

NIPT検査は、自分だけではなく、赤ちゃんにも大きく関わる検査です。

納得して受けられる検査施設を選ぶことで、その先どうすべきかの気持ちを固めることができます。

以下、検査内容、検査機関、検査料金、対象年齢、検査でいる病院数、検査精度、陽性時のサポート体制について比較します。

認可施設 無認可施設
検査内容 13トリソミー

18トリソミー

21トリソミー

13トリソミー

18トリソミー

21トリソミー

希望があれば性染色体異常

希望があれば性別判定

検査機関 産科、周産期科、臨床遺伝科などがある病院 自宅近くのクリニックで可能
検査料金 20万円前後 20万円前後
対象年齢 35歳以上 対象年齢制限なし
検査できる病院数 92施設 57施設
検査精度 99%以上 99%以上
陽性時のサポート あり 施設による

検査内容

無認可施設では一般的な13トリソミー、18トリソミー、21トリソミー検査に加えて、希望があれば性染色体異常、性別判定を行っています。

認可施設では、性染色体異常、性別判定は行っていません。

また、認可施設では専門の遺伝カウンセラーがいるので、妊婦さんの理解が十分に深まった上で検査を実施できます。

遺伝カウンセリングが必要と感じるなら認可施設。性染色体異常、性別判定も重視したいなら、無認可施設を選択する傾向にあるようです。

陽性時のサポート

認可施設では、検査が陽性の場合には、次のステップである羊水検査は無料の施設が多いようです。

無認可施設では、互助会制度や一部負担といった制度を設けている施設がありますが、実質別途費用がかかるという事が多いようです。

これは、同じ施設で羊水検査ができない、ということが理由にあげられます。

認可施設なら、陽性の場合は同じ施設で羊水検査やカウンセリングができるので、心理的には少し安心できますね。

結局、認可施設と無認可施設のどちらを選べばいい?

数多い条件を満たすのであれば認可施設を選び、条件を満たせないようであれば無認可施設ということがベターでしょう。

先に述べましたが、認可施設には以下のような条件があります。

どれかに該当する人しか適応になりません。

また、受診の回数も認定施設だと2.3回ということが多く、夫婦同伴といった条件も必要になるので、無認可施設よりはハードルが高いものになります。

1. 胎児超音波検査で、胎児が染色体数的異常を有する可能性が示唆された者。
2. 母体血清マーカー検査で、胎児が染色体数的異常を有する可能性が示唆された者。
3. 染色体数的異常を有する児を妊娠した既往のある者。
4. 高齢妊娠の者。(35歳以上)
5. 両親のいずれかが均衡型ロバートソン転座を有していて、胎児が 13 トリソミーま
たは 21 トリソミーとなる可能性が示唆される者。
引用:母体血を用いた新しい出生前遺伝学的検査に関する指針 公益社団法人日本産科婦人科学会倫理委員会

さらに、検査を受けられる場所が近くにあるなら良いのですが、安定期前、つわりの酷い時などに遠出をするのは身体的負担が大きい、といった問題も出てきます。

よって立地、受診回数、夫婦同伴といった条件を全て満たすなら認可、条件が満たせないのであるなら無認可を選択することが多いようです。

どうして無認可のクリニックが存在するの?違法なの?

無認可クリニックは日本産婦人科学会指針違反ではありますが、違法ではありません。

無認可施設とは、日本産婦人科学会の認定を受けていない施設という括りになります。

しかし、安易なNIPT検査は「命の選別」につながるとして日本医師会が「無認可施設の検査は直ちに中止すべきだ」と反対した経緯があります。

さらに無認可施設で陽性反応だった場合、上でも少し述べましたが、次のステップである羊水検査ができる施設ではないことが多くあることも問題とされる理由でしょう。

反して、無認可施設が存在する理由としては、認可施設の条件が厳しいということがあげられます。

年齢は勿論、受診回数、夫婦同伴など、条件を満たさない人は受診することができません。

「誰でも平等に不安を解決できる手段」として、無認可施設は存在するのではないでしょうか。

どちらで検査を受けても、その先にどうするか、まで考えて判断する必要があります。

まとめ

無認可施設は、認可施設のように条件が厳しくないので気軽に受けることを考えてしまいます。

しかし、その先にある羊水検査まで考えて判断する必要があるでしょう。

慣れた施設でカウンセリングや、羊水検査、その後のフォローをしてもらえることは、認可施設の大きなメリットです。

どちらが良いかは、考え方の違いがありますが、妊婦さんが平穏に過ごせる方法を選択できると良いですね。

 

当サイトのおすすめは、八重洲セムクリニックです。NIPTで有名です。

平石クリニックは、NIPT検査においては2017年に東京から診療を開始しました。

これまでに20,000人以上の方が検査をされていることもあり、多くの妊婦さんに選ばれているクリニックです。

特に日本全国38の病院と提携しているので、地方でも近隣の病院で検査を受けられる体制が整っていることが高く評価されています。土日にも予約がとれると好評です。

引用:NIPT平石クリニックの出生前診断検査の詳細はこちら!

出産前に夫に伝えておくべきこととは?教育しておけば多少は役に立つかも

はじめての出産だと分からないことが多く、オロオロしてしまうことがありますよね。

毎日自分ばかりが不安の中にいる気がして、赤ちゃんができたら「夫は手伝ってくれるだろうか」「夫に何ができるんだろうか」と夫に不安をぶつけたくなることがあります。

私は出産の際に早い時期に入院した経験があります。

だから、私の夫は余計に「自分に何ができるか考える時間」はなかったと思います。

それでも、なんとか夫が「父親」になるまで教育してきた経緯と秘訣をお教えします。

参考にして、ぜひ「母親」と「父親」として子育てに臨んでください。

出産前の夫に伝えるべきこと

男性は女性と違って妻が妊娠しても仕事の内容も時間も全く変わりません。

これは赤ちゃんが産まれてからも変わらないので、そこは妻の立場として理解しておく必要があります。

しかし、出産にはどうしても夫が必要な時が生じてきます。

ここでは、「伝えるべきこと」として紹介していきます。

出産が近くになったら仕事の調整を

出産が近くになったら仕事の調整を依頼しましょう。

出産のように「いつ」か分からない予定を立てるのは大変です。

しかし、人生の一大イベントなので職場の同僚に協力を仰いでもらえるよう依頼しましょう。

出産前の余裕のある時期なら、夫の飲み会くらいは大目に見てあげてください。

コミュニケーションを取る中で、協力をしてもらえる体制を築いていると考えましょう。

連絡先を整理しておく

出産の際に必要になる連絡先を整理してもらいましょう。

両親、病院、陣痛タクシーなどを1グループ化しておくと慌てずに済みます。

慌てていると救急車を呼んでしまう夫もいるようなので、前もって「出産に緊急性がないときは救急車は利用できない」という話もしておくとよいですね。

病院への道順も明確にしておく必要があるので、夫が休みのときに少なくとも1度は定期健診に同伴させるとよいでしょう。

出産後に必要な手続きを一任する

出産後は様々な手続きがあります。

出生届や児童手当など役所だけではなく、健康保険、お祝い金といったママの職場まで出向く必要がでてくることもあります。

さらに、赤ちゃんの状態、ママの状態によっては、未熟児養育医療給付金、乳幼児医療費助成制度、傷病手当などの可能性を視野に入れると相当な手続きになります。

私は管理入院が長く、赤ちゃんも小さかったため夫は諸々の手続きに2日かかったとのことです。

しかし夫はこれらの業務を全て担うことによって、少しだけ「父親」の自覚がでてきた様子でした。

ぜひ出産前から「手続きは全て任せる」と伝えておきましょう。

出産前に夫と話しておくとよいこと

上記は「伝えるべきこと」として紹介しましたが、ここでは話しておくとベターなことを紹介します。

私の夫は長い話が苦手です。

いかに「タスク化」して頭に入れてもらうか、に重点を置きました。

そして、夫婦関係を一定温度で保つためにもう一つ重要なことは、「夫に過度な期待をしないこと」です。

そうすれば、期待以上の対応をしてくれたときの「ありがとう」は本心になります。

赤ちゃんの名前をどうするか

赤ちゃんの名前をどうするかを夫婦で話し合っておきましょう。

出産はいつ始まるか分かりません。

私の場合は緊急帝王切開という形だったので、前もって名前を決めていたことは非常に良かったと思います。

なぜなら、出生届を出さないと他の手続きが進められないからです。

赤ちゃんが万が一医療措置を受けることになったり、未熟児だった時には多くの手続きが必要になります。

それには名前をハッキリさせておかなければなりません。

立ち合い出産を望むか

夫が立ち合い出産を希望するかを聞いておきましょう。

世の男性はグロテスクなものや、出血に弱い傾向にあります。

決して無理強いはさせず、「ダメになったら退出してもいいよ」と話しておくのもよいでしょう。

医療スタッフにとっても、夫が倒れる状況になっては迷惑がかかります。

妻にとっても「やっぱり役に立たない」とマイナスな記憶になってしまいます。

立ち合い出産を望むかどうかは、夫の判断に任せましょう。

出産時に必要なものをリスト化しておく

出産時には必要なもの、持ってきてほしいものをリスト化しておきましょう。

余裕があれば自分で準備ができますが、緊急の時にはお願いすることになります。

その後の「マッサージしてね」「うちわであおいでね」といった要望は、期待しない方が賢明です。

上でも述べましたが、出産では「マイナスな記憶」を残さないことが、その後の生活維持のために重要なことになります。

夫がリストの物品をもってきてくれたなら「父親」として認めてあげましょう。

もし夫が行動してくれたときは、大きく喜べます。

まとめ

初めての体験に夫が役に立つのか、心配になりますよね。

夫ができること、得意なことをタスクとしてこなしてもらうことで、まずは自信をもってもらいましょう。

できることが増えてくれば、育児にも積極的に関わってくれるようになります。

妻の大きく喜ぶ顔が夫は大好きです。

出産を機会に新たに素敵な夫婦関係が築けますように。



出産入院準備はいつから始める?必要なものリスト一覧

はじめての出産。何もかも知らないことだらけで不安になりますよね。

自分の体調管理は勿論、産まれてくる赤ちゃんが使うものも準備を進めなくてはなりません。

タイミングと準備物が分かれば、あとはどーんと構えて出産の「その時」を待てばよいのです。

一体どのタイミングで何を準備したらいいの?そんな疑問にタイミング別で回答していきます。

入院準備は初期から始めよう

入院準備は、妊娠初期から始めましょう。

妊娠期間はいつどうなるか分かりません。

妊娠後期になってからという人もいますが、これはあなた以外の家族も慌てることになります。

私自身も早くから入院した経緯があるので、いつでも入院できる備えが必要です。

定期検診を受けてそのまま入院というパターンも大いにあり得ます。

出産入院時に必要なものリスト

タイミング別に分けて出産入院時に必要なものをリスト化しました。

物によって数や枚数、ポイントも記載しているので参考にしてください。

病院によって、準備をしてくれるものもあるので、可能であれば入院前に聞いておくことをおすすめします。

普段から持ち歩く最低限必要なもの

母子手帳 印鑑
健康保険証 病院の診察券

これらは家族でも分かるようにしておきましょう。

普段から持ち歩くバッグやリュックに入れておく方がベターです。

その他必要なものに関しては、最悪家族に頼めるものです。

突然の入院となって慌てることがあるかもしれません。

これらがあれば、あとは何もかも家族に任せて自分と赤ちゃんの健康管理に全力を注いでください。

ママの入院に必要なもの

着替え パジャマ:前開きの授乳しやすいものを2~3組。羽織れる服があるとなおよい。

靴下:2~3枚 寒い時、重ね履きも便利。

スリッパ かかとが収まるものだとより安全。
授乳用ブラジャー 3枚程度。
産褥ショーツ 3枚程度。
産褥パッド、ナプキン 産後の悪露専用のナプキン。ナプキンは産褥パッドが足りないとき便利。
洗面用具 歯磨きセット

洗顔アイテム

ヘアブラシ

ボディーソープ、シャンプー、リンス

筆記用具 同意書等を書くことがあるので。
タオル 大小複数枚あると便利。
ボックス型ティッシュペーパー 意外と病院で自由に使えるものはないので必需品。
ビニール袋 色々な大きさのもの複数枚あると便利。

これらは誰でも持ち出せるように、まとめておくようにしましょう。

陣痛・分娩時にあると便利なもの

飲み物 500㎖ペットボトル、ストローが付いたパックタイプのもの。長期戦に備えてストローがあると便利。
うちわ 思った以上に汗をかくことも予想される。電池式のミニ扇風機でも便利。
時計 陣痛時間や授乳時間の間隔を計る。病院によって部屋にないところもある。
軽食 長期戦になることも考慮して。ちょっとつまめる小袋のものが便利。
デジタルカメラ

ビデオカメラ

記録に残したいのであれば。

カメラやビデオカメラは病院によって、許可が下りないところもあります。

使用する予定があれば、事前に確認しておきましょう。

出産後に必要なもの

母乳パッド 1セット
バスタオル 2~3枚。沐浴で利用する場合には柔らかいものをチョイスする。
ガーゼハンカチ 10枚程度。赤ちゃんは簡単に吐き戻すので、結構な数が必要。
お尻拭き 病院で準備してくれることも多いが、足りなくなったときの予備。

私がお世話になった病院では、母乳パッド、お尻拭きは「お祝いグッズ」と呼ばれるバッグに入っていました。

ただ、赤ちゃんの状態によってはすぐに退院できないこともあるので、お尻拭きはなくなったら補充できるようにしておきましょう。

退院時に必要なもの

赤ちゃんの服

ママの服

病院内では温かい環境なので、外気温に合わせたもの。肌着も忘れずに。
おくるみ 抱っこが安定する。バスタオルでも代用可能。
おむつ 2~3枚。新生児はうんち、おしっこが頻繁。
チャイルドシート 車使用の場合。他のことに気を取られて割と忘れがちな一品。
入院費 盗難防止のため、家族に持ってきてもらう。

入院費に関しては、当日払いか後日払いか、事前に病院に問い合わせする方が安全です。

その他、あると便利なもの

基礎化粧品 産後の来客対応。
汗拭きシート シャワー浴の許可が出るまでは、これで凌ぐ。
加湿器 水を入れて、自然蒸発する小型タイプが便利。
耳栓 大部屋の場合のいびき対策。
爪切り 赤ちゃんを傷つけないため。
小銭 病院の自販機に使用。

私が入院した病院では、加湿器は必須でした。

肌も唇もカサカサになるほど乾燥していたので重宝した一品です。

濡れタオルを干している人も多くいました。

赤ちゃんが産まれると、夜間の睡眠は貴重です。

短時間でも、耳栓があると周りを気にせず眠れますよ。

まとめ

いつ、何があるのか分からないのが出産です。

ママの入院が早まることがあれば、赤ちゃんの入院が長引く可能性もあります。

事前に家族と入院に備えての持ち物、置き場所を確認しておきましょう。

ママの入院が早まっても大丈夫。

病室での時間は長いので、赤ちゃんの準備はネットショッピングでもできますよ。

焦らず、じっくりタイミングを待ちましょうね。

 

一番妊娠しやすい日はいつ?時期やタイミングはどう見極めるの?

赤ちゃんが可愛い。

自分でも育ててみたい。

そして、いざ赤ちゃんが欲しい、という状況になってもなかなか思うように妊娠しない。

そうなると、「自分は妊娠しにくい体質なのではないか。」「このまま一生赤ちゃんを授からないのではないか。」

妊活に励む女性には、そういった不安とプレッシャーが付きまとい、ましてや仕事をしながらとなると、時期やタイミングは難しいものとなるでしょう。

妊娠には何よりリラックスした状態が必要です。

ここで、もう一度妊娠しやすい時期やタイミングを復習し、基礎体温を計ることであなた自身の整った環境づくりから始めてみましょう。

一番妊娠しやすい日は、最低体温の前日から高温期へ移行する4日間

一番妊娠しやすい日は、最低体温の前日から高温期へ移行する4日間です。

排卵日が最も妊娠しやすい日、というのには誤解があります。

その理由として、卵子の寿命は約24時間と短いのに対して、精子の寿命は2~3日と長いことがあげられます。

つまりは、卵子の寿命は限られているので、排卵日より早くに精子をスタンバイさせることで受精の確率を上げることができるということです。

よって、排卵日の2~3日前から排卵日にかけてが最も妊娠しやすい時期ということができます。

排卵日とは正常な生理周期なら生理後2~3週間

女性の排卵の時期は正常な生理周期の人であれば、生理後2~3週間といわれています。

女性の生理周期は、正常であれば25~38日です。

この間、脳からのホルモン分泌により、卵巣にある卵胞が育ちはじめ、排卵までが2~3週間かかります。

そして排卵から月経まで2週間程、といったサイクルを繰り返すのです。

この「月に1度の排卵のタイミング」である生理後2~3週間が、妊娠のタイミングということになります。

排卵って自分で分かるものなの?症状や痛みは人それぞれ

排卵の時期が自分で何となく分かる人が中にはいます。

痛みだったり、少量の出血だったりといった症状がある人なら分かりやすいでしょう。

また、おりものを観察することで、排卵日が分かります。

排卵日前には、おりものの量も増え、とろみのついた状態になります。

これは、身体の自然な作用で、スムーズに精子を卵管まで運ぶ、という働きからの作用になります。

しかし、あなたも含め、なかなか分かりにくいといった人が大多数です。

そこで、基礎体温と排卵日検査薬について解説します。

基礎体温を測ってみよう

妊活中の女性にまず行って欲しいことは、基礎体温を記録することです。

基礎体温の計り方としては、起床後布団の中にいるうちに測定する、という簡単なものです。

基礎体温計に記録機能がついているものもあり、記録をとれるアプリもあるので、自分で続けられるものを探してみましょう。

自分の基礎体温を知ることで、だいたいの排卵日が予測できます。

排卵のタイミングは、最低体温の前日から高温期へ移行する4日間といわれています。

女性の体温は、ホルモンの分泌量によって、低温期と高温期の2相に分かれ、低温期とは月経が始まって排卵が起こるまでの時期を指し、高温期とは排卵後の体温が高い時期のことを指します。

妊娠が成立すると、高温期は継続し、妊娠が成立しなかった場合には排卵から2週間前後に月経がやってきます。

基礎体温を計ることで、排卵のタイミングだけでなく、黄体機能不全や無排卵月経といったことも予測ができるので、妊娠への備えになります。

正確な排卵日を知るには排卵日検査薬を

正確な排卵日を知るためには、排卵日検査薬を用いるとよいでしょう。

排卵検査薬とは、尿に含まれる黄体形成ホルモンを測定して排卵日を測るものです。

何度か使用することによって、人によっての排卵日のズレや、正確なリズムをつかむことができます。

薬局で手軽に入手できるので、生活リズム、ホルモンバランスが乱れている、という時には排卵日検査薬を用いてみるのもよいでしょう。

まとめ

妊娠を成立させるためには、排卵日を予測する必要があります。

排卵日=妊娠しやすい時期ではありません。

卵子と精子の寿命から考えて、排卵日より早い時期に精子をスタンバイさせておくことで妊娠の可能性を高めることが可能です。

加えて、基礎体温を測る習慣、排卵日検査薬を用いることで、自分の体のリズムを知りましょう。

ストレスやホルモンバランスの乱れは妊娠には大敵です。

いかにリラックスして毎日を過ごすか、ということも大事な体調管理になりますよ。

最後に、新型出生前診断(NIPT)について

35歳を過ぎると高齢出産と定義されています。最近は35歳で出産も珍しくないですが、母体としては一応そういう定義がされています。

高齢出産で一番心配なことは、赤ちゃんが正常に生まれてくるか?ということですよね。染色体異常などで障害を持った状態で生まれてくる確率が高くなるからです。

そんなときは、新型出生前診断(NIPT)検査で赤ちゃんの状態を調べることができます。八重洲セムクリニックがNIPTで有名です↓↓

八重洲セムクリニックの新型出生前診断NIPTについて

気になる場合は問い合わせをしてみましょう!

 

陣痛タクシーの使い方・選び方・注意点とは?

妊娠をして喜んだのも束の間、あっという間に妊娠期間を経てもう臨月。

「いざ出産」の準備は万全でしょうか?

陣痛が来たら病院へ行くという流れは分かっていても、いつどうなるかが分からないのがお産。

陣痛では救急車は呼べないし、自力で病院へ行くのにも車がない。

そんなあなたに陣痛タクシーを紹介します。

登録しておけば、「いざ」への不安を少し解消できるはずですよ。

陣痛タクシーの利用法から選び方、注意点を解説します。

陣痛タクシーとは車を持たない人にありがたいサービス

陣痛タクシーとは、「いざ」出産の時に備え、車を持たない人は勿論、ドライバーであるパパが不在の時、お酒を飲んでしまった時などに利用できるサービスです。

普通のタクシーでは、「移動中のトラブルに責任を持てない」という理由で乗車拒否をされてしまう事例もあります。

また「車内を汚してしまい、清掃代を請求された」というトラブルも発生しています。

これらの例からみても、陣痛タクシーに登録しておくと安心できますね。

陣痛タクシーの利用方法

陣痛タクシーを利用するには、事前登録が必要です。

登録に数週間かかるケースもあるので、余裕のある時期に登録するようにしましょう。

陣痛タクシーサービスを提供している多くの会社では、Web申し込みという手順をとっています。

実際に利用する際には、電話一本で登録した場所まで来てくれ、病院まで送り届けてくれます。

一人でも戸惑うことなく出産に臨めるので、タクシーが来る間は家族に連絡したり、荷物をまとめたり、という時間にも当てられますね。

陣痛タクシーの選び方

陣痛タクシーを選別する際には、以下の点に注意して選ぶ必要があります。

どのタクシー会社でも提供しているサービスではありません。

対応エリアは勿論、口コミや情報が決め手となります。

自分が大変な時、安心して任せられる陣痛タクシーの会社は心強い存在になるはずです。

対応エリア

まず対応エリアを確認しましょう。

自宅は勿論ですが、病院も陣痛タクシーの会社の対応エリアかを確認する必要があります。

出産前のママを、いかに迅速に安全に送迎できるかを考えてのエリア設定です。

エリア外の場合には、潔く次の会社を探すようにしましょう。

陣痛時のコール番号と、通院時のコール番号2つを設けていて、通院時も利用できる会社があるのでここも併せて確認すると良いでしょう。

口コミや評判

実際に利用した経験のある口コミや評判は信憑性が高いものです。

幾つか迷っているタクシー会社がある際には、比較検討の材料にするとよいでしょう。

中には破水した状態でコールしたのにも関わらず、「陣痛ではないからと拒否された」という会社もあるので、実際にどんな対応をしてくれたかという情報は貴重です。

「汚れやシミに気を使わないよう防水シート張りにしてあった」「つわり対策で除菌、消臭が徹底されていた」など、快適に過ごせるよう対策を施している会社も見受けられます。

「全国子育てタクシー協会」のホームページを見てみよう

こちらは、陣痛時だけではなく、乳幼児を連れての外出にも利用できます。

子育てタクシーのドライバーは、「協会指定の養成講座と子育て支援施設での保育実習を終了した人のみ」とのことなので安心して任せられます。

また、保育園や幼稚園への送迎も行っているので、出産時だけではなくその後の長いお付き合いもできるので、これを機会に登録しておいてもよいかもしれません。

「全国子育てタクシー協会」 https://kosodate-taxi.com/m/member/

陣痛タクシー使用の注意点とコツ

陣痛はいつどこでやってくるか予想がつきません。

自分だけではなく、周囲の人にも普段から認知してもらうようにしましょう。

以下に注意点をあげます。

  • 夫婦で陣痛タクシーの番号を登録し、すぐコールできる体制を整えておきましょう。
  • 出産のタイミングは人とかぶることがあるので、事前に複数の陣痛タクシー会社に登録しておきましょう。
  • 陣痛タクシーが万が一利用できないことも考え、複数のタクシー会社をリスト化しておきましょう。
  • 陣痛タクシーに連絡することは勿論、病院に連絡を入れることも忘れないでください。
  • 出産前の通院が可能な会社なら、一度利用しておくことをおすすめします。自分でも大体の道が頭に入っていれば、万が一ドライバーが道に迷ったときにも説明が可能です。

まとめ

陣痛タクシーは車を持たない人にとってはありがたいサービスです。

タクシー会社を選ぶ際には、自宅と病院が対応エリアになっていることを確認して事前登録を済ませましょう。

タクシー会社によっては、きちんと講習や実習を済ませたドライバーを付けてくれます。

いかにリラックスしてお産を迎えられるかは一生の記憶に残るものです。

陣痛タクシーを上手に使用して、素敵なお産にしましょうね。