出産入院準備はいつから始める?必要なものリスト一覧

はじめての出産。何もかも知らないことだらけで不安になりますよね。

自分の体調管理は勿論、産まれてくる赤ちゃんが使うものも準備を進めなくてはなりません。

タイミングと準備物が分かれば、あとはどーんと構えて出産の「その時」を待てばよいのです。

一体どのタイミングで何を準備したらいいの?そんな疑問にタイミング別で回答していきます。

入院準備は初期から始めよう

入院準備は、妊娠初期から始めましょう。

妊娠期間はいつどうなるか分かりません。

妊娠後期になってからという人もいますが、これはあなた以外の家族も慌てることになります。

私自身も早くから入院した経緯があるので、いつでも入院できる備えが必要です。

定期検診を受けてそのまま入院というパターンも大いにあり得ます。

出産入院時に必要なものリスト

タイミング別に分けて出産入院時に必要なものをリスト化しました。

物によって数や枚数、ポイントも記載しているので参考にしてください。

病院によって、準備をしてくれるものもあるので、可能であれば入院前に聞いておくことをおすすめします。

普段から持ち歩く最低限必要なもの

母子手帳 印鑑
健康保険証 病院の診察券

これらは家族でも分かるようにしておきましょう。

普段から持ち歩くバッグやリュックに入れておく方がベターです。

その他必要なものに関しては、最悪家族に頼めるものです。

突然の入院となって慌てることがあるかもしれません。

これらがあれば、あとは何もかも家族に任せて自分と赤ちゃんの健康管理に全力を注いでください。

ママの入院に必要なもの

着替え パジャマ:前開きの授乳しやすいものを2~3組。羽織れる服があるとなおよい。

靴下:2~3枚 寒い時、重ね履きも便利。

スリッパ かかとが収まるものだとより安全。
授乳用ブラジャー 3枚程度。
産褥ショーツ 3枚程度。
産褥パッド、ナプキン 産後の悪露専用のナプキン。ナプキンは産褥パッドが足りないとき便利。
洗面用具 歯磨きセット

洗顔アイテム

ヘアブラシ

ボディーソープ、シャンプー、リンス

筆記用具 同意書等を書くことがあるので。
タオル 大小複数枚あると便利。
ボックス型ティッシュペーパー 意外と病院で自由に使えるものはないので必需品。
ビニール袋 色々な大きさのもの複数枚あると便利。

これらは誰でも持ち出せるように、まとめておくようにしましょう。

陣痛・分娩時にあると便利なもの

飲み物 500㎖ペットボトル、ストローが付いたパックタイプのもの。長期戦に備えてストローがあると便利。
うちわ 思った以上に汗をかくことも予想される。電池式のミニ扇風機でも便利。
時計 陣痛時間や授乳時間の間隔を計る。病院によって部屋にないところもある。
軽食 長期戦になることも考慮して。ちょっとつまめる小袋のものが便利。
デジタルカメラ

ビデオカメラ

記録に残したいのであれば。

カメラやビデオカメラは病院によって、許可が下りないところもあります。

使用する予定があれば、事前に確認しておきましょう。

出産後に必要なもの

母乳パッド 1セット
バスタオル 2~3枚。沐浴で利用する場合には柔らかいものをチョイスする。
ガーゼハンカチ 10枚程度。赤ちゃんは簡単に吐き戻すので、結構な数が必要。
お尻拭き 病院で準備してくれることも多いが、足りなくなったときの予備。

私がお世話になった病院では、母乳パッド、お尻拭きは「お祝いグッズ」と呼ばれるバッグに入っていました。

ただ、赤ちゃんの状態によってはすぐに退院できないこともあるので、お尻拭きはなくなったら補充できるようにしておきましょう。

退院時に必要なもの

赤ちゃんの服

ママの服

病院内では温かい環境なので、外気温に合わせたもの。肌着も忘れずに。
おくるみ 抱っこが安定する。バスタオルでも代用可能。
おむつ 2~3枚。新生児はうんち、おしっこが頻繁。
チャイルドシート 車使用の場合。他のことに気を取られて割と忘れがちな一品。
入院費 盗難防止のため、家族に持ってきてもらう。

入院費に関しては、当日払いか後日払いか、事前に病院に問い合わせする方が安全です。

その他、あると便利なもの

基礎化粧品 産後の来客対応。
汗拭きシート シャワー浴の許可が出るまでは、これで凌ぐ。
加湿器 水を入れて、自然蒸発する小型タイプが便利。
耳栓 大部屋の場合のいびき対策。
爪切り 赤ちゃんを傷つけないため。
小銭 病院の自販機に使用。

私が入院した病院では、加湿器は必須でした。

肌も唇もカサカサになるほど乾燥していたので重宝した一品です。

濡れタオルを干している人も多くいました。

赤ちゃんが産まれると、夜間の睡眠は貴重です。

短時間でも、耳栓があると周りを気にせず眠れますよ。

まとめ

いつ、何があるのか分からないのが出産です。

ママの入院が早まることがあれば、赤ちゃんの入院が長引く可能性もあります。

事前に家族と入院に備えての持ち物、置き場所を確認しておきましょう。

ママの入院が早まっても大丈夫。

病室での時間は長いので、赤ちゃんの準備はネットショッピングでもできますよ。

焦らず、じっくりタイミングを待ちましょうね。

 

コメントを残す