出産前に夫に伝えておくべきこととは?教育しておけば多少は役に立つかも

出産前に夫に伝えておくべきこととは?教育しておけば多少は役に立つかも

はじめての出産だと分からないことが多く、オロオロしてしまうことがありますよね。

毎日自分ばかりが不安の中にいる気がして、赤ちゃんができたら「夫は手伝ってくれるだろうか」「夫に何ができるんだろうか」と夫に不安をぶつけたくなることがあります。

私は出産の際に早い時期に入院した経験があります。

だから、私の夫は余計に「自分に何ができるか考える時間」はなかったと思います。

それでも、なんとか夫が「父親」になるまで教育してきた経緯と秘訣をお教えします。

参考にして、ぜひ「母親」と「父親」として子育てに臨んでください。

出産前の夫に伝えるべきこと

男性は女性と違って妻が妊娠しても仕事の内容も時間も全く変わりません。

これは赤ちゃんが産まれてからも変わらないので、そこは妻の立場として理解しておく必要があります。

しかし、出産にはどうしても夫が必要な時が生じてきます。

ここでは、「伝えるべきこと」として紹介していきます。

出産が近くになったら仕事の調整を

出産が近くになったら仕事の調整を依頼しましょう。

出産のように「いつ」か分からない予定を立てるのは大変です。

しかし、人生の一大イベントなので職場の同僚に協力を仰いでもらえるよう依頼しましょう。

出産前の余裕のある時期なら、夫の飲み会くらいは大目に見てあげてください。

コミュニケーションを取る中で、協力をしてもらえる体制を築いていると考えましょう。

連絡先を整理しておく

出産の際に必要になる連絡先を整理してもらいましょう。

両親、病院、陣痛タクシーなどを1グループ化しておくと慌てずに済みます。

慌てていると救急車を呼んでしまう夫もいるようなので、前もって「出産に緊急性がないときは救急車は利用できない」という話もしておくとよいですね。

病院への道順も明確にしておく必要があるので、夫が休みのときに少なくとも1度は定期健診に同伴させるとよいでしょう。

出産後に必要な手続きを一任する

出産後は様々な手続きがあります。

出生届や児童手当など役所だけではなく、健康保険、お祝い金といったママの職場まで出向く必要がでてくることもあります。

さらに、赤ちゃんの状態、ママの状態によっては、未熟児養育医療給付金、乳幼児医療費助成制度、傷病手当などの可能性を視野に入れると相当な手続きになります。

私は管理入院が長く、赤ちゃんも小さかったため夫は諸々の手続きに2日かかったとのことです。

しかし夫はこれらの業務を全て担うことによって、少しだけ「父親」の自覚がでてきた様子でした。

ぜひ出産前から「手続きは全て任せる」と伝えておきましょう。

出産前に夫と話しておくとよいこと

上記は「伝えるべきこと」として紹介しましたが、ここでは話しておくとベターなことを紹介します。

私の夫は長い話が苦手です。

いかに「タスク化」して頭に入れてもらうか、に重点を置きました。

そして、夫婦関係を一定温度で保つためにもう一つ重要なことは、「夫に過度な期待をしないこと」です。

そうすれば、期待以上の対応をしてくれたときの「ありがとう」は本心になります。

赤ちゃんの名前をどうするか

赤ちゃんの名前をどうするかを夫婦で話し合っておきましょう。

出産はいつ始まるか分かりません。

私の場合は緊急帝王切開という形だったので、前もって名前を決めていたことは非常に良かったと思います。

なぜなら、出生届を出さないと他の手続きが進められないからです。

赤ちゃんが万が一医療措置を受けることになったり、未熟児だった時には多くの手続きが必要になります。

それには名前をハッキリさせておかなければなりません。

立ち合い出産を望むか

夫が立ち合い出産を希望するかを聞いておきましょう。

世の男性はグロテスクなものや、出血に弱い傾向にあります。

決して無理強いはさせず、「ダメになったら退出してもいいよ」と話しておくのもよいでしょう。

医療スタッフにとっても、夫が倒れる状況になっては迷惑がかかります。

妻にとっても「やっぱり役に立たない」とマイナスな記憶になってしまいます。

立ち合い出産を望むかどうかは、夫の判断に任せましょう。

出産時に必要なものをリスト化しておく

出産時には必要なもの、持ってきてほしいものをリスト化しておきましょう。

余裕があれば自分で準備ができますが、緊急の時にはお願いすることになります。

その後の「マッサージしてね」「うちわであおいでね」といった要望は、期待しない方が賢明です。

上でも述べましたが、出産では「マイナスな記憶」を残さないことが、その後の生活維持のために重要なことになります。

夫がリストの物品をもってきてくれたなら「父親」として認めてあげましょう。

もし夫が行動してくれたときは、大きく喜べます。

まとめ

初めての体験に夫が役に立つのか、心配になりますよね。

夫ができること、得意なことをタスクとしてこなしてもらうことで、まずは自信をもってもらいましょう。

できることが増えてくれば、育児にも積極的に関わってくれるようになります。

妻の大きく喜ぶ顔が夫は大好きです。

出産を機会に新たに素敵な夫婦関係が築けますように。



コメントを残す