陣痛タクシーの使い方・選び方・注意点とは?

陣痛タクシーの使い方・選び方・注意点とは?

妊娠をして喜んだのも束の間、あっという間に妊娠期間を経てもう臨月。

「いざ出産」の準備は万全でしょうか?

陣痛が来たら病院へ行くという流れは分かっていても、いつどうなるかが分からないのがお産。

陣痛では救急車は呼べないし、自力で病院へ行くのにも車がない。

そんなあなたに陣痛タクシーを紹介します。

登録しておけば、「いざ」への不安を少し解消できるはずですよ。

陣痛タクシーの利用法から選び方、注意点を解説します。

陣痛タクシーは、車を持たない人にありがたいサービス

陣痛タクシーとは、「いざ」出産の時に備え、車を持たない人は勿論、ドライバーであるパパが不在の時、お酒を飲んでしまった時などに利用できるサービスです。

普通のタクシーでは、「移動中のトラブルに責任を持てない」という理由で乗車拒否をされてしまう事例もあります。

また「車内を汚してしまい、清掃代を請求された」というトラブルも発生しています。

これらの例からみても、陣痛タクシーに登録しておくと安心できますね。

陣痛タクシーの利用方法

陣痛タクシーを利用するには、事前登録が必要です。

登録に数週間かかるケースもあるので、余裕のある時期に登録するようにしましょう。

陣痛タクシーサービスを提供している多くの会社では、Web申し込みという手順をとっています。

実際に利用する際には、電話一本で登録した場所まで来てくれ、病院まで送り届けてくれます。

一人でも戸惑うことなく出産に臨めるので、タクシーが来る間は家族に連絡したり、荷物をまとめたり、という時間にも当てられますね。

陣痛タクシーの選び方

陣痛タクシーを選別する際には、以下の点に注意して選ぶ必要があります。

どのタクシー会社でも提供しているサービスではありません。

対応エリアは勿論、口コミや情報が決め手となります。

自分が大変な時、安心して任せられる陣痛タクシーの会社は心強い存在になるはずです。

対応エリア

まず対応エリアを確認しましょう。

自宅は勿論ですが、病院も陣痛タクシーの会社の対応エリアかを確認する必要があります。

出産前のママを、いかに迅速に安全に送迎できるかを考えてのエリア設定です。

エリア外の場合には、潔く次の会社を探すようにしましょう。

陣痛時のコール番号と、通院時のコール番号2つを設けていて、通院時も利用できる会社があるのでここも併せて確認すると良いでしょう。

口コミや評判

実際に利用した経験のある口コミや評判は信憑性が高いものです。

幾つか迷っているタクシー会社がある際には、比較検討の材料にするとよいでしょう。

中には破水した状態でコールしたのにも関わらず、「陣痛ではないからと拒否された」という会社もあるので、実際にどんな対応をしてくれたかという情報は貴重です。

「汚れやシミに気を使わないよう防水シート張りにしてあった」「つわり対策で除菌、消臭が徹底されていた」など、快適に過ごせるよう対策を施している会社も見受けられます。

「全国子育てタクシー協会」のホームページを見てみよう

こちらは、陣痛時だけではなく、乳幼児を連れての外出にも利用できます。

子育てタクシーのドライバーは、「協会指定の養成講座と子育て支援施設での保育実習を終了した人のみ」とのことなので安心して任せられます。

また、保育園や幼稚園への送迎も行っているので、出産時だけではなくその後の長いお付き合いもできるので、これを機会に登録しておいてもよいかもしれません。

「全国子育てタクシー協会」 https://kosodate-taxi.com/m/member/

陣痛タクシー使用の注意点とコツ

陣痛はいつどこでやってくるか予想がつきません。

自分だけではなく、周囲の人にも普段から認知してもらうようにしましょう。

以下に注意点をあげます。

  • 夫婦で陣痛タクシーの番号を登録し、すぐコールできる体制を整えておきましょう。
  • 出産のタイミングは人とかぶることがあるので、事前に複数の陣痛タクシー会社に登録しておきましょう。
  • 陣痛タクシーが万が一利用できないことも考え、複数のタクシー会社をリスト化しておきましょう。
  • 陣痛タクシーに連絡することは勿論、病院に連絡を入れることも忘れないでください。
  • 出産前の通院が可能な会社なら、一度利用しておくことをおすすめします。自分でも大体の道が頭に入っていれば、万が一ドライバーが道に迷ったときにも説明が可能です。

子どもが生まれてからの車の買い替え

お子さんが生まれてから車を買い替える人は多いです。

もし古い車から乗り換えるのでしたら、ディーラーに下取りを出すのではなく、車の買取業者に売却する方がお金になるかもしれません。

養育費は思ったよりもかかりますし、今後のことを考えると少しでもお金があったことに越したことはありません。

例え、10万キロ以上走った過走行車であっても買取自体はできますし、見積りもしてくれるので、下取りに出す前に買取も検討しましょう!

まとめ

陣痛タクシーは車を持たない人にとってはありがたいサービスです。

タクシー会社を選ぶ際には、自宅と病院が対応エリアになっていることを確認して事前登録を済ませましょう。

タクシー会社によっては、きちんと講習や実習を済ませたドライバーを付けてくれます。

いかにリラックスしてお産を迎えられるかは一生の記憶に残るものです。

陣痛タクシーを上手に使用して、素敵なお産にしましょうね。

 

コメントを残す